ジャニオタという文豪がゲーム実況の沼に片足突っ込んだ話を書く

 

ジャニオタは文章力が高いらしい。

 

私がとは言ってない。言っていないぞ。

たしかにジャニオタははてなブログ文化が繁栄している気がする。し、Twitterのたった140文字でもとんでもないポエムを認める猛者がもさもさいる(笑うとこ)。ぜひ探してみてほしい。

 

とにもかくにも私もジャニオタの端くれ、さぁこの現状を書かないわけにはいくまい。

 

というのも。

ほんの先日までまったくと言っていいほど遠くにあったゲーム実況沼に 驚いたことに 奇遇 なんですが つい うっかり 偶然 足を滑らせて 片足を踏み込んでしまいました。これは故意ではない!これが恋…?(何言ってんだ)

 

以下、私と実況者さん方の簡単な馴れ初めから超個人的な印象までをつらつら書き連ねたいと存じます。

声を大にして言うが、筆者は生粋のジャニオタ十何年生であり、実況者さん達のことはここ数ヶ月で得た薄っぺらな知識と勝手な想像でしか書くことができない。やめて!石投げないで!!ごめん!ごめんなさい!!先に謝るから許してくれ~~~~!!!

 

 

YouTube?あー…たまにうろ覚えのクラシックとか検索するのに使うくらいかな」

聞いて驚け(とは言わないが)、これが以前の私だ。

こんなに便利な世の中だが、私は動画サイトとは無縁の生活を送っていた。

というのも、私が住む世界にネットはないのだ。

…いや、ある。あるさ。あるのだけども。

ジャニーズ事務所は基本的にネット上にタレントの写真を掲載させない。動画なんぞもってのほかだ。

まるで!別の!時代を!生きている!かのよう!!(絶望)

とにかく必要がなかったから見ていなかった、がつまるところです。

 

はてさてまぁなぜこんな私が実況さんに出会うかというと、そう、あれはたしか1年ちょっと前…もっと前か(小声)

ワタクシ少し精神疾患について興味がありましてですね、色々と調べたりなどするのですが、どうやら精神疾患を患っている方が作ったゲームというのがあるとな(もう昔のものなのかしら)。タイトルがうろ覚えなんですが、たしかnever ending nightmareだったかと

ホラーゲーーーーム!!!!!!

だめじゃん。私そういうのだめ…だめですよぅ……えぐえぐ。ぐすん。…………ん?

実況…プレイ……?????

ネットの海を泳いでたどり着いたのはレトルトさんの実況動画でした。

「これゲームの内容を見ることができるの…?」

そっと再生を押す我が指。

 

『こんちゃーす!!!』(ばかにしてない)(むしろ好き)

 

!?!?!?!?!

 

いやいやいやいや、いや。まってくれ~私たしかホラーゲーム調べてたぞ~~?しかも作者精神病患者だぞ~~??おーーい???

 

結論から申しますと、苦手なホラーにも関わらずさくさく全編通して見てしまいました。

端的に申しますと、むしろ楽しく見ることができました。

小並に申しますと、面白かったのです。

 

思えばこれがきっかけでした。

そう、私はこの感動(?)が忘れられず、時が経った今!推しのグループが充電期間とか言って活休してる今(自虐)!推しのグループ2が解s…こほんなんかごたごたに巻き込まれている今(自虐)!推しのグループ3の片方が耳聞こえないとか言ってる今(自虐)!!こんな今に!!!再び実況の門を!!叩いてしまったのでありました(完)

 

いや(完)じゃないんですわ。そこから芋づる式に出てくる出てくる。

レトルトさんを起点に(親芋とも言う)(言わない)牛沢さん、キヨさんを知り、キヨさんから最俺さん達を知り……

いぇーーい!豊作ぅ~~~~!!!

 

なんて動画って自由なんだ…!そりゃあテレビない家もできますわ。(私はテレビ信者だけどね!)

実況だけでなく実写の方もまんまと楽しませていただきました。

そこで!突然ですが!勝手に素敵だなと感じたところを!書き!ます!!

 

レトルトさん

なんかもう、バランスがすごい(語彙の死)。

もしかして天然なの…?と思った矢先にめくるめく推論を展開し、かと思えば子供のようなキラキラした目で遊び始めたり…すごい……(語彙n)

 

牛沢さん

頭キレッキレのお兄さんかと思ったらとんでもなく可愛かった(何様だよという万人の声が聞こえる)。

テンポの良い返しがくせになる。テンポの良い絶叫がくせになる。ご唱和ください「ぎゃあー!」

 

キヨさん

天  才

生まれ変わったらキヨさんになりたい。なんかもう私なんかの言葉に収まりきらないので言語化諦め。

 

フジさん

好きです(早々に告白)。

露出が少ない!当方性癖です!!

雰囲気が中性的!当方性癖です!!

性癖ドストレート!!のところに続けてベーシストアッパー!文句なしのKO!!!

…ベース弾けるんですか…加えて芸術肌なんですか…無理……余裕で3日寝込んだ…(大嘘)

お目汚し失礼いたしました。てへ。

 

ミステリアスお茶目の称号をそろそろ付与されるべきだと思う。

 

ヒラさん

私にはまだ修行が足りないようだ…。ヒラさんの会話の難易度が高すぎる…。不思議すぎる…。気になる…。好奇心をくすぐられすぎる……。

 

こーすけさん
周りの方々のおかげか(?)とんでもなく安心感がある。人間味がある。安心と信頼のこーすけさん。
…とか言って安心してますが、この方にももしかしてとんでもポイントあるんでしょうか?あればこっそり教えてください(微笑み)

 


あと他にもよくお見かけする方もいらっしゃいますが今回はとりあえずこの辺りで終わっておきます。各方面から刺されそう…好き勝手言ってごめんなさい……

 

 

 

今回私がこんな駄文を書くに至った理由の一つが、私自身こういう所謂「にわか」のファンって意外と大切だなとジャニーズのお膝元に住みながら常々感じているからです。
市場において、新規の顧客を獲得するよりリピーターを確保する方が5倍簡単だそうです。ということは逆に、新規のお客様って5倍もレアってことじゃないですか。ありがてぇありがてぇ。ようこそいらっしゃいました。ささ、どうぞ見て行ってくださいな。ほら、うちの子かわいいでしょう??
お客側も、賑やかで楽しげな雰囲気のお店の方が気になるじゃないですか。あれ、私何の話してるんでしたっけ。

先ほども述べましたが、とにかくジャニーズはネットに疎い。ので、例えば偶然何かの拍子に気になる曲があったとしてもなかなか簡単に調べることができない。他人にオススメしたくてもさっと手軽に映像を見せることもできない。その点実況という分野はとっかかりが多く誰でも(こんなに情報社会の末端に生きているような私でさえ)知ることができるチャンスが多いのが本当に本当に羨ましいです。


とにかく!

そんなwin-winな関係がオタクには必要なのかなぁと思うので、ほんっっっとうに厚かましいのですが「ここににわかいるよ!」とアピールしてみました。

 

 

ご静聴、ありがとうございました!